more mango island 100song

アクセスカウンタ

zoom RSS 145曲目 正月はええもんだ - 3776(みななろ)

<<   作成日時 : 2016/08/05 09:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

またまた激しくコーフンしています!!!!!な・な・ななななんとBiSがまさかの再始動!!!!うわあああああああ!!!!!!!!!!ハァハァ(←取り乱してスミマセン)いやぁ、この情報自体は先月8日にネットを駆け巡っていたみたいなんですが自分はウカツにも全然気がつかなくて先日何げにY○u Tubeの検索でBiSと入力してみたら「おや?」見たことないPVらしきものがアップされているじゃないですか…「BiS」(曲の方ね)の別画像動画でも新規に誰かがアップしたんだろうか?なんて思いながらクリックしてみると…えっ?全然新曲じゃん、なんだコレ!震える指で改めてWEB検索をし直してみると…プールイがBiS再始動した事が正式に発表されていたじゃないですか!ブレーンとしてじゅんじゅんと松隈ケンタ氏も加わっているとなると…コレは間違いなくBiSと言う事ですよ、スゴい事ですよ!

コホン、それでは改めまして…
いやったあああぁぁぁぁぁーーーーー!!!!!!(←…………)これで!遂に!自分も晴れて研究員になれるんですね!良かったぁー!(ビックリマークだらけでウルサいのでコレくらいにしておきます…)

以前エントリーした時にも述べましたが自分はBiSの活動期に間に合わなかった事に大変悔やんでいた者です…後から彼女達の事を知れば知るほど研究員になりたかったなぁー、と溜息をついていた身なもので今回の報には著しくテンションが上がっているのです♪確かに既にネット上ではかつての研究員達による賛否両論も渦巻いていて、それは自分にも理解できます…なんと言っても解散へ向けたカウントダウンのカタストロフを経験した当時のメンバーと研究員の一体感はハンパ無いものがあったでしょうし、それもこれもグループが解散される一点に収斂される事で決着したと皆が思っていたでしょうから、多分自分が当時BiS解散に立ち会っていたら今の自分とは別の感情が芽生えていたとしても不思議ではありません。端的に言って「裏切られた…」的な感慨を持つ方だって居てもおかしく無いかも知れないのです…BiSはストイックな活動を全うし伝説になった、それに立ち会えた者は僅かだったかも知れませんが黄金の時を過ごしたんだと。だから解散後のメンバーはそのグループの功績を汚さないようにそれぞれの道を歩んで後ろを振り返らないハズ…そういった願望が研究員達、そして後付けでBiSを知った自分のような者にも無かったと言えばウソになります…自分が研究員になるためには彼女達が現在進行形の活動を軌道に乗せ、あくまで同窓会気分でBiS祭りを開催するようなシーンというものを想像していたのですが今回の電撃再始動はそんな当方予想を覆すようなちゃぶ台ひっくり返しであったと言わざるを得ません。プールイのバンド、ルイフロは年頭にフルアルバムをリリースしたばかりでしたがBiSのように業界に影響を及ぼすような存在感はまだ発揮していたとは言い難いものがありました…つまり活動は全然軌道に乗ってないワケで、そんな点がかつての研究員の失望を買っている要因にもなっているように思います。バンドがうまくいって無いからアイドルに戻るんかい!というワケです…確かにカッコ良すぎたBiSの活動だけに晩節を汚すような事態は避けて貰いたい、と言うのが偽らざる実感です(←しかし20代女子に向かって何を言ってるのでしょうか?)

更に申し上げると解散時に非常な一体感を見せてくれた当時のメンバーは一切白紙と言う現段階での発表も「え、うそぉ…」的な予想外感があって、そこは素直に喜べないんですよね…どうやら運営発信でプールイにBiSを復活する意思を確認した、という経緯が今回あったらしいので既に自分の居場所を見つけている元メンバーの意思を一人ひとり確認して根回しをして行く事は現実問題として難しかったのかも知れませんが自分的にはプールイと相性が良かったテンテンやウィぽんは少なくとも揃って欲しかったかなぁ…後のぞしゃんも戦友という意味では一番プールイと寄り添ってきたメンバーでもありBiSという活動に於いては皆勤賞を取って欲しかった的な願望はあります。

しかし研究員時代の愛が反動となってアンチになってしまいかねない人が居たとしても自分は今回のプールイの決断には喝采を送りたいと思います…聡明な彼女なので当然、現在のような中途半端な時期に活動再開する事に対してバッシングされる事は百も承知だったハズ。当時のファンにとって美しい思い出はそのまま寝かせておいてあげる=伝説を護る事に繫がる、謂わばBiSのブランド・ステータスにとっては何もしない事が最善だと認識していた事と思いますが彼女は進んで茨の道を選んだと言えるのでは無いでしょうか?今回の再始動にあたって早速プールイへのインタビュー記事がネットで掲載されておりましたが、それによると彼女の中でBiSは結局終わって無かった事が一番大きいんだと言っておりました。当時全力疾走で解散へ向けて走っていたが故にBiSというものを彼女が対象化できるまでには相応の時間を要したというのが正直な所では無いでしょうか…そして解散から2年の時を経てようやく彼女の中で出た結論が「BiSは終わって無かったんだ…」という認識であったと言う事。今回公開されている「BiSBiS」という新曲のPVでプールイが纏っている衣装は解散ライヴで着ていたもの…つまり2年間のブランクをスパッとテープ編集して直結させている地続き感が本人にはあるのかも知れません。確かにルイフロは立ち上げたし他メンバーも現在活動へ向けて散り散りになってしまった…けどBiSは終わって無かった事が実感として明らかになった以上は継続するしか無いじゃん!というポジティビティーをプールイは持っている、という事ですよね。そして現実問題として女子にとっては年齢問題は非常に大きなファクターである事も重要なワケじゃないですか…現在彼女は26歳?でしょうか…コレだってアイドルとして見たら賞味期限はかなり微妙ですよね。ま20代にしてアイドルデビューを飾った彼女なので今更そんな事はフッ飛ばす勢いだってあるかもですが何にしても30代になってBiS復活なんて話はあまり現実的ではありません。彼女は元BiSのゾンビライヴ(解散コンサートの翌日開催)でも30歳になるまで結婚しない、なんて発言してましたが、とすると彼女がアイドルとして活動できるのは頑張っても後4年は無い、という事です…リミットがある以上、再始動は早いに越した事無いですよね♪

何にしても11月にはBiSとしてのNewアルバムをリリースするとの事なので何としても予約購入しかありません!そ・し・て!念願のライヴは何時始まるのでしょうか?もー絶対行く!!!!自分は流石にフェスみたいなのは体力的にキツいのでワンマンで大き目なハコで演って貰いたい所ですねぇー♪もしメンバーに名が連なって無かった場合でもテンテン、ウィぽん、のぞしゃんのどなたかカメオ出演して頂ければ自分はその場で昇天できる事でしょう…よーし!今からものスゴ楽しみになって参りましたよぉー!!

…と言うワケで本音ではBiSの曲をエントリーしたい気に駆られたのですが1グループ1曲と言う自ブログルールを遵守し今回はアイドルつながりで3776(みななろ)の曲を取り上げたいと思います…理由は只今述べさせて頂きますが3776、と聞いて直ぐに思い当たる方がどの程度いらっしゃるでしょうか?いわゆるご当地アイドルの括りでの活動という非常にインディーな存在でありBiSと比較してすらマイナー感溢れるものがあるのですが、実は局所的にではありますが物凄く注目されている存在だとも思うのです…そもそも自分が目をつける、という事は完全にアイドル市場に閉塞していては絶対接点が無いワケじゃないですか?幾ら自分がBiSで遅まきながらアイドルに目覚めたんだとしても未だにアイドルのライヴには一度も足を運んでいない身なのでアイドルネットワークには全然身を置いて居ない自分に情報が刺さって来ない事には始まらないという事です。自分の場合のキッカケはYaho○ニュースで「インディーアイドル最前線」的な記事が目に止まった事から始まりました…その記事では3人のアイドルが取り上げられていて綿めぐみ、町あかり、3776というのがそのラインナップだったのですがどれもエラくマニアックじゃないですか…綿めぐみは中国系の血が入った漂白系美少女、町あかりはちょっと表現が難しいレトロニッチなSSWといったところでしょうか。しかし最も衝撃的だったのが3776…現在は井出ちよのちゃん、という中学2年生の女の子のソロプロジェクトと化している(元)アイドルユニットだそうなのですが、ちょっと凄い逸材だと言わざるを得ません。

画像


3776とは静岡県富士宮市富士山を拠点に活動するご当地アイドルグループ(だった…)。大元のグループは期限付きで市がバックアップしていたそうですが、その後プロデューサー石田彰氏が運営を引き継ぎ活動を継続させて現在に至っている模様です…とは言え元々企画構想は石田氏のプランであり資金面でのバックアップのある無し以外は最初から一貫してポリシーに変わりは無いんではないでしょうか?それどころか市の受け皿が無くなったにも拘わらず富士山ご当地アイドルを標榜する辺り大変律儀な運営姿勢だと思うんですよね…グループ名も変遷していればメンバー構成も出入りが激しいのですが先にも申しました通り、現在3776と言えば井出ちよのちゃんのソロプロジェクトという形態であり、コレがメンバーが次々と歯抜けになった結果なのでしょうが実はこのユニットにしてソロプロジェクトというスタイル、大変画期的な状態を生み出したスーパー結果オーライだと思えて仕方ありません!多分に地理的な環境に左右されるのでしょうが富士宮で定期イベントを実施している3776、現地ではちぃちゃん以外のメンバーがシレッとステージに立ったりもしたりして緩く展開される様子をY○u Tubeで確認出来たりします…しかし、ちぃちゃん一人のステージングの方が断然シャープでエッジーなパフォーマンスを見せるワケですから、もう3776はイコールちぃちゃんの事で良いんじゃない?

なーんて自分が思うまでもなく石田氏は現在のちぃちゃんとの二人三脚をどんどん研ぎ澄まして行く姿勢を見せています…ステージ上での即興サンプリングをかます実験的な3776エクステンデッドを始めとして、異色の対バン企画やら他アイドルとのコラボにも積極姿勢を見せる攻めのカタマリのような活動展開からは石田氏&ちぃちゃんによる化学反応が創作意欲をハイアベレージに刺激しているものと思われるワケです。この石田氏、ソングライティングにしろサウンドコーディネートにしろ異彩を放ちまくりな人物なのですがこの3776が実質デビューと言っても良いくらいこれまでのキャリアが知られざる方ですよね…業界内では知名度がひょっとしてあった方かも知れませんが、この3776にした所でインディーな存在な点から見て一般的認知は現在に至るも極小なのは間違いないですが、ちょっと途轍もない才能の出現だと言えはしますまいか?ちょこちょこ動画でも垣間見れる氏の風貌は既にアラフォーライクな見た目な方ですし、ちぃちゃんとのステージでのやり取りを見てると一種異様なメンタルをお持ちの方とお見受けしました…イヤ凄い真面目な方というのが伝わって来るんですがコミュニケーション能力が凄い独特なカンジなのです(自分は好感持ってますよ!)天然アバウトなちぃちゃん&思いつめ系思考沈殿型の石田氏…ナイス・コンビネーション!

この石田氏の詳細情報は何とA○azonのアルバムカスタマーレヴューで実に細かく語られている方が居て大変参考になったのですが、本人はAKBに衝撃を受けU2やバンプオブチキンを愛好している…なーんて情報だけだと一般大衆と何ら変わらぬ嗜好と見えるのに実際彼のフィルターを通して出てくるサウンドはそれらメジャーアーティストと比して明らかに異形でアナーキーな音像なのが凄い!こんな強烈な才能の持ち主ならばティーンの頃から全然注目されて然るべく思えるのに事実は3776始動によって初めて陽の目を見たに等しい何ともストレンジな人物なのであります…インタビュー等で垣間見れる彼の人となりもコケ脅かしな部分は一切感じられず淡々とした語り口なのですがよくよく吟味してみるとサラッと述べている発言に恐ろしく浮世離れしているような佇まいが感じられもして3776というのは裏方にこの人がいるからこそ唯一無二のユニットと化しているのが痛感させられます…ステージメインはちぃちゃんだとして実質コレは2人組ユニットだねぇ。

そしてそんな危険人物のバックアップを得て水を得た魚の如く自在なステージングを繰り広げるちぃちゃんの存在がやはり運命的なまでにスゴい出会いだったんではないかと…今回エントリーさせて頂きました曲は実は自分が購入したアルバムには収録されておりません(汗)えーっ自ブログのルール違反じゃないですか!すみませぇーん(泣)
でも今回はどうしてもこの動画が貼り付けたかった…!見て頂ければ一目瞭然なのですが、このちぃちゃん、スゴいダンススキルの持ち主なのです。モチロン他の曲でもソレは十全に発揮されていてアルバム収録曲「登らない理由があるとすれば」なんかもムーンウォークを披露したりでエントリーの価値は十分感じられたのですが、この「正月はええもんだ」のパフォーマンスはちょっと物凄いものがあると動画を観る度に震撼していたものですから3776をエントリーするなら絶対コレだな!と思うに至ったワケなのでした…自分だってこの曲の音源がリリースされていれば是非入手したいですよ!でもCDやダウンロードなどでも見かけないし公式サイトは音源じゃなくて生写真ばっかり売ってるし(何コレ)

まぁいいや、いずれNewアルバムがリリースされてくれればソレに収録されると信じよう…なので皆さんもソレを信じ今回はフライングエントリーと言う事でご容赦願いたいと存じます(ペコリ)さぁ言い訳は終わったので曲(つまり動画)について触れたいと思います♪幾つもアップされているライヴ映像を見ると当たり前かも知れませんが3776って基本生歌なんですよね…スタジオ収録でもあるまいしソレが当たり前なんでしょうが、以前BiSの初期の頃は口パクもメンバースキルの兼ね合いでやらざるを得なかったみたいな事を聞いたもので、ウーン歌って踊ってのアイドルは全部生歌は難しいのかもなぁ…と何となく思っていたのでした。しかしエグザイルなんかとはベクトルが違うにせよ、かなりな運動量を感じさせる3776のステージアクションなのにちぃちゃんはほぼ全曲生歌、しかも苦手な音域の曲も喉を切り裂くような歌い方をします…ボイトレとかしてるんですか?とちょっと心配…でも「正月はええもんだ」は例外曲で歌は完全にテープ流しでちぃちゃんはダンスに徹しています。それが不満かと言うと…とんでもない!こんな全身に気が満ち溢れているようなパフォーマンスをしながら歌えるワケがない!踊りに徹して下さーいっっ



とにかくこの曲のパフォーマンスは圧巻です!ちぃちゃんはダンスの先生にレッスンはして貰ってるようですが振り付けはちぃちゃんオリジナルなんじゃないでしょうか?こういう草の根アイドルは基本自給自足でしょうから曲作り、サウンドコーディネートは石田氏、ステージパフォーマンスはちぃちゃん、とそれぞれ分業で責任を担っているかと思うんです、しかし…素晴らしいパフォーマンスであるとこの映像を観る度に惚れ惚れします♪曲はもしかしたら富士宮地方に伝承されている童唄なのかな?だからコピーライトの関係でアルバムに収録しないんだったりして…英フォーク&トラッドのようにそういう伝承歌はパブリックドメインとしてガンガン収録したって誰も文句は言わない気もしますが♪ともあれそうした平易な唄に合わせて踊るちぃちゃんの動きのエモーショナルさはちょっと言葉を無くすレベルに観る価値のある表現となっています。静かな導入部からさざ波のように始まる動きは曲調がダンサブルになるにつれて踊りも畳み掛けるように加速度を増して行くのです、その休みない動きの淀みなさ…そして歌詞の内容に即応して毬をついたり凧をあげたりとちゃんと意味のある動きになっている所も芸が細かいです。唄も踊りも基本は和テイストと思いきや間奏部分に歓びの歌がインサートされたり横揺れのリズムやブレイクダンス調も編み込まれた非常に自由度の高いアクションで唸らせてくれる…踊りだけを抽出してもっと巧く踊れる人はいるでしょうがこういう振り付けをDIYで構築しパフォーミングする事で自分のソウルを表現できる方は中々居ないのでは?自分は26歳のプールイを掛け値なしに尊敬していますが今また15歳中学2年生のちぃちゃんも尊敬に値する方と崇拝する事に致しました♪この娘はステージ度胸が並じゃないんですよね…一口でいってロック的にカッコ良いと表現する事に何らの違和感も感じない程の逸材だと断言できます!

定期的に地元のステージ広場で行うパフォーマンスが主軸故、中々全国区に名前が広がらないきらいもある3776ですが先のYah○oニュースで取り上げられたり、何とここでも既に掟ポルシェ。氏が3776に目をつけていたり(本当に凄げぇー!)目の高いリスナーから熱視線を浴びているだけに是非生で観たいですよね…タ○レコやユ○オンなんかのインストアイベントで都内、関東店にも足繁く来てくれるようなので次のアルバムリリース時は地元タ○レコでも予約時イベント招待とかしてくれないかしら?自分、今年はBiSを観に行く予定なので3776は来年早々にでもアルバムを出して頂いてインストアに行けたらサイコーですね!

本日は 富士山ご当地アイドル3776(みななろ) による「正月はええもんだ」を選曲させて頂きました。
音源を元にした選曲でないのでリリース作品では無い点を深くお詫び申し上げます…添付動画は今年の元旦のステージからのものです(エラいなぁ新年早々…)現在流通している音源で一番ステージの活動とリンクしているのは15年リリースのフルアルバム「3776を聴かない理由があるとすれば」でしょうね…素晴らしい内容の作品だと思います!さぁ自分はBiS再始動情報を引き続き耳をダンボにして収集するとしますか…プールイ、がんばえー!

それでは本日はこの辺で…


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 3776を聴かない理由があるとすれば の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ラブレター
Natural Make
2015-09-02
3776
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラブレター の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



私の世界遺産
Natural Make
2016-03-30
3776
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 私の世界遺産 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メリー・クリスマス&ハッピー・ニューイヤー ソングブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
145曲目 正月はええもんだ - 3776(みななろ) more mango island 100song/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる